株式投資との違い

FXの方が株式投資より有利な点

1.取引時間が長い

株式投資は午前9時~午後3時のみ取引ができます。
FXは24時間取引ができます。日中忙しいサラリーマンでも帰宅後、寝る前にトレード、ということも可能です。

2.倒産がない

株式投資は企業に投資するので、常に倒産のリスクがあります。倒産するといくら含み益があったとしても、一瞬でそれは0になってしまいます。倒産しないまでも不祥事などで上場停止になることもあります。
FXは通貨に投資するので、倒産リスクが非常に低いです。通貨が0になるということは、国が潰れるということです。まずないと考えられるでしょう。

3.少ない資金で取引ができる(レバレッジ)

株式投資には信用取引という制度があって、3倍程度の取引ができます。例えば60万円の株を買うには20万円あれば取引できます。
FXは25倍までの取引ができます。60万円分通貨を買うには24,000円あれば取引できます。少ない資金を効率的に運用できます。

株式投資の方がFXよりも有利な点

1.投資対象が多い。

株式投資では、東証一部・東証二部・マザーズの3場合計で2000企業以上に投資することができます。
FXは通常100通貨ペアもありません。選びやすいとも言えますが、投資対象数は圧倒的に少ないです。

2.株主優待がある

株式投資には企業によりますが株主優待という制度があります。持っている株式数に応じて金券や自社商品を送ってもらえます。
FXではスワップ金利をもらえますが、利率で株主優待のほうが高いことも多いです。

FXでも株式投資でも、最終的には自分に合う投資方法を選ぶしかありませんが、「倒産リスクがないこと」「少額資金で投資ができること」は大きなFXの大きなメリットです。

カテゴリー: FXとは | Tags: , , コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トラックバックURL: http://dynamicpac.com/kabushikitoushitonochigai.html/trackback